ブログ

2017年07月20日

《修理事例》エアコンの臭いが気になったり風量が弱いと感じたら

みなさんこんにちは。   暑くなったこの季節、エアコンの風は全力で顔に向けたり身体に当てたくなりますが、「何か臭いが気になるんです」と言うご相談を受けます。   そこで今回はエアコンの臭いが気になったり、風量が弱くなった気がすると感じた時の修理事例です!   まず臭いですが、外から侵入してくる臭いなのか、室内の臭いなのかでも違いますが、内気循環の状態で臭いが気になる場合は室内側に何らかの原因が潜んでいる事になります。   室内の臭いの原因は埃やカビ、煙草や飲食物などによるものが多いようです。 とりあえずは自分で掃除するのが費用も掛からず有効ですが、シートやフロア、天井についた臭いは中々取れないと思います。 そうなるとお金は掛かりますが業者にルームクリーニングを依頼するのが効果的です。   しかし、その前に確認しておきたいのがエアコンフィルター!   その名の通り、エアコンユニット部に送られる空気中のゴミを捕まえるフィルターになります。 これが汚れてくると臭いの原因になるんです。 また空気の吸い込み口にもなるので、フィルターが詰まれば空気を通さなくなり必然的に風量も落ちます。   エアコンフィルターは1年または15000㎞ごとでの交換が推奨されていますが、車検に引っかかる部品でもないためそのままになっている人もいるかもしれません。 そんなの変えた記憶がないなという方は、もしかしたらエアコンの風を浴びたくないと思うほど凄い状態になっているかもしれませんよ。 フィルターの種類によって金額は違いますが、2,000円~5,000円くらいで設定されています。 安いタイプでもいいので交換すれば臭いも気にならなくなり、本来の風量に戻るかもしれませんし、何よりエアコンの空気を浴びたくないとは思わなくなるでしょう。   これが汚れたフィルター。白っぽいはずの蛇腹部分が真っ黒になっています。       蛇腹部を覗いてみると     埃や虫がギッシリでした。何とも健康被害がでそうな勢いです。(汗)   こうなると風が弱くなるんだなと思われるかもしれませんが、実はこの状態でもまずまずの風量が出ます。 なのでフィルターがこんな状態とも知らずにガンガン風を浴びているんです。 ただこの状態を知ってしまうとゴミを取り除いた後の空気が出てくるとはいえ、このフィルターを通過してきた空気を浴びる気にはなれませんよね。     以前に紹介したフィルターは目が粗く掃除できるタイプでしたが、一般的には今回のような掃除できない交換タイプのフィルターが付いています。 古いタイプの車になると粗めのフィルターすら付いていないので、エバポレーターというエアコン関係の部品にゴミや埃がギッシリ詰まった事によるエアコン不良が起きてました。 そしてこのエバポレーターを掃除するのがまた大変で、それなりの費用が掛かっていたのですが、今はそれをフィルターが防いでくれるので安い部品代だけで済むようになっています。 そう思うとエアコンのフィルター交換は定期交換パーツとしてけっして高くはない、むしろ安いくらいだと思います。 なぜ昔は付いていなかったのかが不思議なくらいです(笑)   エアコンフィルターの点検は無料で行っていますのでお気軽にご用命ください。     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日…

2017年07月19日

九州豪雨災害地区の支援活動に参加してきました

みなさんこんにちは。   梅雨明けした模様の今日この頃です。 海の夏!まつりの夏!に突入する前に、先日の連休を使って日曜月曜と九州豪雨災害地区の支援活動に参加してきました。 過去にも災害地区の支援活動に参加した経験がありましたので、少しでもお役に立てればという感じでした。   (道中の筑後川流域にはまだ流木が横たわっています。)   昨年までは所属していた大牟田青年会議所という団体で参加してきており、集団という面で多少は気持ちに余裕がありました。 しかしその団体も任期を終え、今回は個人参加でしたので少しドギマギしてしまいました。 あらためて集団の強みと個人参加の方たちの勇気について感じる機会にもなりました。   初めて個人参加してみて、あれだけ沢山の人たちが個人でボランティアに参加されているのって本当に凄いなと思いました。 未経験の方の中には、参加する前に自分が役に立てるのか?邪魔になるだけでは?など色々考えてしまうと思います。 でも、参加してしまえば何のことはありません。自分にもできるとこが必ずあります。 もし、このブログを読んでいる方で未経験ゆえの不安のため参加を悩まれている方がいらっしゃったら臆せず参加してみてください。 きっとできることがありますから。     以下、参考になるかは分かりませんが少しだけ記載しておきます。   ボランティアセンターに個人で参加しても現場では5~10名程度のチームが編成され協力して動きます。 初対面の人たちばかりになると思いますが、みなさんボランティアで集まっている人たちなので、基本的に優しい感情の持ち主で意思の疎通も図りやすいと思います。 支援活動をしにきているという目的意識がはっきりしている分、面白半分で参加していない限りは人間関係で揉めるようなことはないと思います。   (日曜日に参加したボランティアセンター登録のチームメンバー。とても良い人たちばかりでした。)   支援内容は支援先の要望により違いはありますが、泥出しなど体力勝負の内容から拭き掃除などの細かい作業もあるので出来ることがないと言う事はないと思います。   あとは、体調管理はあくまで自己責任で行うというところでしょうか。 こまめに水分補給しながら自分の体の変調に気をつける必要があります。 そして、休憩時間まで水分を取らない(我慢する)というのは危険です。 体力的な休憩のタイミングと水分補給のタイミングは別と考えてください。 また、ガンガン作業を進めようとやる気と体力に溢れた人もいると思いますが過信は禁物です。 普段丈夫な人でも体調次第では暑さですぐに倒れてしまいます。 無茶して倒れる方がよっぽど周りにも迷惑を掛けてしまうので、作業している今だけでなく自分も無事に家に帰り着くことも考えてください。 さらに、人それぞれ体力には違いがあるので体力に自信のある方のペースに引っ張られすぎないような自己管理も必要です。 要は、筋肉痛が出るような頑張りはしても倒れるような無茶をしないと心掛けておくということです。 その方が回数を重ねる参加にもつながると思います。   その他、参加するための服装や持参品などは、各ボランティアセンターのホームページ等が詳しく確認できるので参考にされてください。 参考HP:大牟田市社会福祉協議会     今回の九州豪雨災害だけでなく、災害は全国各地で発生していますが、私自身は全国に出向くことや毎日ボランティアに参加することはできません。 ですが一人でも一回でも多くのボランティア参加が継続的な支援につながります。 このブログが誰か一人でもボランティア参加のきっかけになれば幸いです。 全国の被災者の健康と被災地域の早期復旧を願っています。   (土曜日は被災地の朝倉青年会議所のみなさんと参加させていただきました。)   生活基盤があってのボランティアなので、営業日はお客様の役に立てるようがんばります。 車のトラブル、困ったに迅速に対応致します!    …

2017年07月14日

トラブル回避の機会になるちょっとしたサービス

みなさんこんにちは。 今日も暑かったですねぇ なんと最高気温は九州より北海道の方が高いというから驚きです。 九州豪雨被災地で暮らす方々をはじめ復旧作業に尽力される方たちも勿論のこと、また皆様の健康に影響が少ない事を願うところです。   さて、人の身体の診断はお医者様にお任せするしかありませんが、自動車の診断、健康管理は私たちが頑張ります。 ということで、今日は気づきにくいトラブル発見について。   普段は調子良く乗っている自動車もトラブルを抱えていることがあります。 その代表的なものが、タイヤのパンクです。   空気が大きく漏れていれば分かりやすいのですが、異物が刺さったままで少しずつ空気が漏れている状態だと発見が遅れがちです。 ご自身でパンクに気づくきっかけは、タイヤが潰れているか否かがほとんどなので空気が少し抜けているくらいでは中々気づかないものなんです。 そしてタイヤの異変に気付いた時には時遅し、道中で立ち往生や最悪は事故になることも。   資格をもった整備士であってもぱっと見だけでは微量の空気漏れには気づけません。 ですが、当店ではオイル交換の際にはサービスでタイヤの空気圧点検と調整を行っていますのでパンクに気づくことができます。   ちょうど今日もオイル交換でお立ち寄りいただいたお客様のお車でもパンクを発見しました。     これから高速を使って福岡市内まで行く予定だったそうで、先にオイル交換に寄って良かったと喜んでいただきました。   サービスで行っている空気圧の点検ですがお客様のトラブル回避のポイントになっています。     遠出したあとにオイル交換される方もいらっしゃいますが、それは逆にされることをお勧めします。 ご自身でお出掛け前の日常点検を出来る方はともかく、日常点検って何?というお客様は特にです。 遠出の前にオイル交換、そのついでに軽く点検をしてもらうことでエンジンの負担も軽くなりますし、道中のトラブル回避にもなりますよ。   お出掛け前の点検も当店にお任せください。 プライベートやお仕事での快適なドライブをサポートいたします。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年07月11日

《修理事例》走行できなくなった!ということで

みなさんこんにちは。   今回は、突然走行できなくなった!どうにかして!と言うご連絡をいただきお預かりした事例をご紹介します。   お客様のお車はタント(L375S) お話を聞くと、直前までは普通に走行していたらしいのですが、突然の異音と共にアクセルを踏んでも何とかトロトロ進む程度でまともに走れなくなってしまったとのこと。 エンジンは掛かるけど音が変な感じ。前後ともまともに走れない。そんな状態のため、当店まで持ち込みも無理。   そりゃお客様は焦ります。 しかし当店には積載車があるのでご安心ください!さっそく代車を積んで現場に出動。   あれが原因だといいけどと軽傷のパターンを思いつつ、重症でないといいけどなぁとも思いつつ。   工場に持ち帰ってさっそく点検開始     そして今回の原因はスパークプラグであることが判明。 軽傷で済みお客様もホッとされました。   プラグというと、以前は1本数百円で買えましたが、現在は種類も増え1本2000円程度するものも。   イリジウムプラグなどの高価なタイプは、交換タイミングが10万キロ走行使用を目安と長寿命をうたっているのですが、使用条件によりそこまでは使えません。 自動車メーカーの新車保証でも3年6万キロとなっています。 今回のお客様の車両もイリジウムプラグでしたが75000キロほどで今回のような事態に陥りました。   なので車検でのお預かりの際などは予防整備も含めて交換部品をご案内しています。 ですが車検の合否だけで見ると変える必要はなかったりもしますので、予防整備として交換されるか否かはお客様の判断に従う必要があります。 (今回のお客様の車検は当店ではありませんでしたので悪しからず)   修理や車検などを安く済ませたい気持ちは私も同様ですが、トータル的に考えた上でのアドバイスやご提案に耳を傾けていただけると幸いです。   ちなみにプラグを馬鹿にできない修理事例はコチラでもご紹介しています。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年07月09日

《修理事例》異常なエアコンの温度差に困惑した結果

みなさんこんにちは。   すでにエアコンなしではいられない季節となりました。 ということで、今日は摩訶不思議なエアコン修理のお話です。   今回の不調の状態は、運転席側の吹き出し口から出る風の温度と、助手席側から出る風の温度が違うという摩訶不思議な現象です。 ある程度高級車になると、左右の温度調整が独立していますが、この車は16年式のマーチ。 しかもマニュアルエアコンです。 なのでそんなご立派な機能はついていません。   さて、基本的に温風と冷風は同じ通路を通ってきます。 その通路の元はBOXになってて、発生した温風ないし冷風はそのボックス内の仕切り板が動かされることで、温風と冷風が切り替わったり、出てくる風の位置が変わったりしています。 なので、どこからも温風が出ないや冷風が出ない、もしくは冷えが悪いということはあっても、左右で過度な温度差があることは通常では考えにくいんです。 さすがにかな~り悩みました( ̄~ ̄;) 何店かのディーラーに聞いてもそんな症状を修理したことはないって言われるし、中にはうちでは分かりませんってあっさり言われるし・・・ いろんな可能性を考えつつも、とりあえずダッシュボード回りをバラしながらどこで温風と冷風に別れているか確認することに。   エアコンユニットを剥きだしにして、ダイレクトに吹き出し口に手をかざしてもやっぱり症状かわらず(汗) てことは中の仕切り板に問題があるのか?とユニットも取り外しました     けっして無駄に外しているわけではないんですが、結果こんな状態に(^へ^;) 結局、室内全バラシ・・・そしてユニット自体もバラバラに・・・ そこまでやっても明らかな異常は見当たらず   そこからは色々試しながら組み付けたり外したりと更に悪戦苦闘。。。 怪しい部品を変えてみても効果なし(T_T) 落胆していても解決しないので、再度点検を試みたところ怪しい反応を確認。 でもこれは今回の症状の原因とは別でしょ?と疑念を持ちつつも部品を替えてみたところ 症状改善!(≧∀≦) これで何とか今回のエアコン修理に幕を下ろすことができました。   エアコンのトラブル解決も当店にお任せください。 メールでのお問い合わせはコチラからどうぞ       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB