ブログ

20170723-02
2017年07月23日

おおむた大蛇山まつりの一万人総踊りに参加してきました

みなさんこんにちは。   夏だ!まつりだ!ということで、毎年恒例の地元の一大イベント「おおむた大蛇山まつり」の一万人の総踊りに参加してきましたよ。   この10年間は、大牟田青年会議所のメンバーとして総踊りに参加して、その後アタフタと会場警備にまわるという中々のハードスケジュールでしたが、今年からは福岡県自動車整備振興会(通称FAS)の大牟田自動車整備協会のメンバーとして総踊りのみの参加でしたので楽しいばかりでした(笑)   午前中に協会青年部のみなさんと各所から頂いた協賛品をはじめ備品や飲食物関係の整理をしましたがなんとまぁ凄い量です。 沢山の協賛のご協力に感謝です。       夕方からは会場のドンピシャ目の前で営業されている山田モータースさんに場所をお借りし会場設営   そして18時よりみんなで総踊りに参加     毎年、大牟田市以外の整備協会からも参加頂いており、市内の関係者ご家族はじめ大勢で自動車整備振興会のPRも兼ねて参加しています。   今年は大牟田市制100周年ということもあり、リアル1万人の総踊りを目指したそうで、その効果か踊り参加者も過去最多の約9000人、また観覧来場者も多かったように思います。 観覧のみなさんに安心安全をお届けするFAS工場のことが伝わっていると嬉しいですね。   踊り狂ったあとは懇親ムード全開で待ってましたのお楽しみタイム(笑)     大蛇を横目に踊り疲れた身体、渇いた咽をしっかり潤わせていただきました。     10年に一度?特別な年?にしか作られないと聞いたことがある諏訪神社の白大蛇です。 とにかく滅多にみれないと聞いていたので激写しておきました(笑)     昨日は写真の他3つの山が集まっていました。 市制100周年ということで、大牟田祇園六山と呼ばれてる6つの山が一堂に会した記念撮影も行われたようです。   大牟田の夏風景のご紹介でした。   今日行かれる方はちびっこ大蛇をはじめ、大蛇山大集合パレードということで、市内地域山といわれる大蛇から南関やみやまなど近隣のまちからの山も集まりお祭り広場は凄い状態になります。バラエティに富んだ大蛇山を楽しめますよ。       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年07月19日

九州豪雨災害地区の支援活動に参加してきました

みなさんこんにちは。   梅雨明けした模様の今日この頃です。 海の夏!まつりの夏!に突入する前に、先日の連休を使って日曜月曜と九州豪雨災害地区の支援活動に参加してきました。 過去にも災害地区の支援活動に参加した経験がありましたので、少しでもお役に立てればという感じでした。   (道中の筑後川流域にはまだ流木が横たわっています。)   昨年までは所属していた大牟田青年会議所という団体で参加してきており、集団という面で多少は気持ちに余裕がありました。 しかしその団体も任期を終え、今回は個人参加でしたので少しドギマギしてしまいました。 あらためて集団の強みと個人参加の方たちの勇気について感じる機会にもなりました。   初めて個人参加してみて、あれだけ沢山の人たちが個人でボランティアに参加されているのって本当に凄いなと思いました。 未経験の方の中には、参加する前に自分が役に立てるのか?邪魔になるだけでは?など色々考えてしまうと思います。 でも、参加してしまえば何のことはありません。自分にもできるとこが必ずあります。 もし、このブログを読んでいる方で未経験ゆえの不安のため参加を悩まれている方がいらっしゃったら臆せず参加してみてください。 きっとできることがありますから。     以下、参考になるかは分かりませんが少しだけ記載しておきます。   ボランティアセンターに個人で参加しても現場では5~10名程度のチームが編成され協力して動きます。 初対面の人たちばかりになると思いますが、みなさんボランティアで集まっている人たちなので、基本的に優しい感情の持ち主で意思の疎通も図りやすいと思います。 支援活動をしにきているという目的意識がはっきりしている分、面白半分で参加していない限りは人間関係で揉めるようなことはないと思います。   (日曜日に参加したボランティアセンター登録のチームメンバー。とても良い人たちばかりでした。)   支援内容は支援先の要望により違いはありますが、泥出しなど体力勝負の内容から拭き掃除などの細かい作業もあるので出来ることがないと言う事はないと思います。   あとは、体調管理はあくまで自己責任で行うというところでしょうか。 こまめに水分補給しながら自分の体の変調に気をつける必要があります。 そして、休憩時間まで水分を取らない(我慢する)というのは危険です。 体力的な休憩のタイミングと水分補給のタイミングは別と考えてください。 また、ガンガン作業を進めようとやる気と体力に溢れた人もいると思いますが過信は禁物です。 普段丈夫な人でも体調次第では暑さですぐに倒れてしまいます。 無茶して倒れる方がよっぽど周りにも迷惑を掛けてしまうので、作業している今だけでなく自分も無事に家に帰り着くことも考えてください。 さらに、人それぞれ体力には違いがあるので体力に自信のある方のペースに引っ張られすぎないような自己管理も必要です。 要は、筋肉痛が出るような頑張りはしても倒れるような無茶をしないと心掛けておくということです。 その方が回数を重ねる参加にもつながると思います。   その他、参加するための服装や持参品などは、各ボランティアセンターのホームページ等が詳しく確認できるので参考にされてください。 参考HP:大牟田市社会福祉協議会     今回の九州豪雨災害だけでなく、災害は全国各地で発生していますが、私自身は全国に出向くことや毎日ボランティアに参加することはできません。 ですが一人でも一回でも多くのボランティア参加が継続的な支援につながります。 このブログが誰か一人でもボランティア参加のきっかけになれば幸いです。 全国の被災者の健康と被災地域の早期復旧を願っています。   (土曜日は被災地の朝倉青年会議所のみなさんと参加させていただきました。)   生活基盤があってのボランティアなので、営業日はお客様の役に立てるようがんばります。 車のトラブル、困ったに迅速に対応致します!    …

2017年07月14日

トラブル回避の機会になるちょっとしたサービス

みなさんこんにちは。 今日も暑かったですねぇ なんと最高気温は九州より北海道の方が高いというから驚きです。 九州豪雨被災地で暮らす方々をはじめ復旧作業に尽力される方たちも勿論のこと、また皆様の健康に影響が少ない事を願うところです。   さて、人の身体の診断はお医者様にお任せするしかありませんが、自動車の診断、健康管理は私たちが頑張ります。 ということで、今日は気づきにくいトラブル発見について。   普段は調子良く乗っている自動車もトラブルを抱えていることがあります。 その代表的なものが、タイヤのパンクです。   空気が大きく漏れていれば分かりやすいのですが、異物が刺さったままで少しずつ空気が漏れている状態だと発見が遅れがちです。 ご自身でパンクに気づくきっかけは、タイヤが潰れているか否かがほとんどなので空気が少し抜けているくらいでは中々気づかないものなんです。 そしてタイヤの異変に気付いた時には時遅し、道中で立ち往生や最悪は事故になることも。   資格をもった整備士であってもぱっと見だけでは微量の空気漏れには気づけません。 ですが、当店ではオイル交換の際にはサービスでタイヤの空気圧点検と調整を行っていますのでパンクに気づくことができます。   ちょうど今日もオイル交換でお立ち寄りいただいたお客様のお車でもパンクを発見しました。     これから高速を使って福岡市内まで行く予定だったそうで、先にオイル交換に寄って良かったと喜んでいただきました。   サービスで行っている空気圧の点検ですがお客様のトラブル回避のポイントになっています。     遠出したあとにオイル交換される方もいらっしゃいますが、それは逆にされることをお勧めします。 ご自身でお出掛け前の日常点検を出来る方はともかく、日常点検って何?というお客様は特にです。 遠出の前にオイル交換、そのついでに軽く点検をしてもらうことでエンジンの負担も軽くなりますし、道中のトラブル回避にもなりますよ。   お出掛け前の点検も当店にお任せください。 プライベートやお仕事での快適なドライブをサポートいたします。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

$logo_alt
2017年07月03日

梅雨明け宣言が待ち遠しいですね

みなさんこんにちは。   今年もあっという間に半分が終わったと感じてしまうのは年齢のせいでしょうか?   でも近年、本当に早いなぁと感じるようになりました。   そんな折、とあるお坊さんのお話で、「年をとるにつれて加速度的に一年を早く感じるようになります」という話をされていたと言うのを聞いたことがあるとそんな嘘か本当か分からないような人づての話を思い出しました。(笑)   何はともあれ、6月も沢山のご利用ありがとうございました。   引き続き7月もお付き合いのほどよろしくお願い致します。   さて、明日は台風3号が九州に上陸するそうです。   小学校には休校の連絡もきていたそうです。   当店も念のため雨風対策をしていますが、静かに過ぎ去ってくれることを願うばかりです。   みんさんもお忙しいとは思いますが、念のためをお忘れなく。   当店は台風に負けず、明日も元気に営業しています。   今回の台風で一気に梅雨明け宣言までいってくれるとうれしいなぁ。。。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年06月29日

ワゴンRの伝統収納

みなさんこんにちは。   今回はワゴンRをご使用のお客様のあるある話をご紹介します。   歴代乗り継がれていて知っているお客様は慣れたものなんですが、今回が初めてというお客様だとちょっと焦ってしまうそんなお話。   なぜ焦ってしまうのか?   それは荷物が取れなくなるから。   大切なものや必要なものを入れていた時は特に焦ります。   ではどこに収納したものが取れなくなるか?   それは助手席下の収納ボックス。   あぁあれね。と使っている人ならピンとくる収納個所です。   この収納個所と開閉方法は、1993年の初代ワゴンR発売当初から現在販売中の6代目ワゴンRまで変わっていないじゃないかと思います。   有る意味、ワゴンRの歴史と伝統の装備とも言えるかもしれません(笑)   その伝統収納装備がこちら     助手席座面の奥の方にフラップが出ています。 これを引くとロックが解除され、助手席座面が手前に引き上げあれ収納ボックスが現れます。     座面を上げるとこんな感じです。(写真は現行ワゴンRの収納ボックス) けっこうな収納能力があります。   そして、あれ?ってなるのがこの状態     先ほどまで見えていたフラップが無くなっています。 しかし後部座席の方から助手席シートの後ろを見れば概ねフラップがテロ~ンとぶら下がっているので焦る状態にはなりません。   ところが     テロ~ンとぶら下がってない時に、フラップが切れてる!まったくもって開けられない!と焦ってしまうわけです。 そんな時も焦らず良く覗き込んでください。 本来であれば、黄枠付近を通っているフラップですが、シート下部の隙間(赤枠付近)に入り込んでいます。 確かに指も入らないほどの隙間なので見にくいですが、定規みたいなものを差し込んで引っかければ引っ張り出せます。   フラップが無くなった!となった時にはご確認ください。       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL…

お問い合わせはこちらから

営業時間:9:00〜18:00
定休日:第1・3・5の日曜日および祝日