ブログ

2018年10月19日

車検と一緒に愛車をピカピカにしてみませんか

2年に一度おとずれる愛車の車検   しっかりした点検整備を受けて中身はバッチリでも、見た目がパッとしないと何となく快調な気がしません。   せっかくなので、車検と合わせて愛車をピカピカにしてみませんか?   といっても、もう何年も乗った車に大金は掛けたくないなぁというのは誰しもが思うところかもしれません。   というわけで、最近のボディーコーティングの主流となった強固な被膜がウリのガラスボディーコーティングだとそれなりの金額になるので、当店では、ポリマーコーティングツヤをお勧めしています。   今回のお客様は、新車からお使い頂いているホンダのフィットで、今回で3回目の車検です。   普段から綺麗にお使い頂いているのですが、新車から丸っと7年も経過したこともあり、最近は洗車しても以前ほどのピカピカ感がなくなったと感じたそうです。   その原因は徐々に出てきた色褪せや細かな磨き傷、水垢による表面のくすみなど。   そういったご説明をさせていただいて、車検と合わせて当店のポリマーコーティングをお勧めさせて頂きました。   施工方法によって金額は変わりますが、今回はダメージの蓄積が多かったので全体研磨を行う18,900円のコースでご依頼いただきました。   実際のところガラスコーティングより安いとは言え、この金額を高いと思うか安いと思うかはお客様次第になります。   ただご利用頂いたお客様には、納車時には必ずご満足いただいているので、決して高くはないという評価をいただけていると思うところです。   今回のお客様にも「見違えた!普段の洗車後とは違ってピカピカです!ザラついてた表面もツルツルになってる!」と喜んでいただきました。     あの時の輝きを取り戻したい!   今の輝きを継続したい!   そんな時は当店にお任せください。     施工にはお時間を要しますので、お預かり期間中は無料の代車もご用意しています。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2018年10月15日

スマートキーの電池切れを起こしたらエンジンが掛からなくなったということで

みなさんこんにちは。   普及率の高いスマートキー車両   鍵を持ってさえいれば鍵は開くわ、エンジンは掛かるわで大変便利で助かる機能なわけですが、ひとたび電池切れを起こすとアタフタしてしまうお客様も多いです。   ということで、そんな時の対処法をご紹介しておきます。   今回のモデルに使用した車両は22年式のダイハツのタントエグゼですが、他の車も似たようなものなので参考にしてください。   まず、スマートキーはこちら   車両に近づくと赤いランプが点滅します。ロックボタンの右横当たりです。見えるかな? この点滅が始まらない場合はキーレスの電池切れの可能性が高いです。 電池切れ=ロック解除できない、通常のエンジン始動ができないとなりますので速やかに電池の交換を行ってください。   とは言え、お出掛け前に気づいたら急に電池交換なんてできないという方も多いはず。 そんな時にスマートキーに内蔵されているエマージェンシーキーで対応します。 他のスマートキーもそうですが、鍵をグルッと見てみるとロック解除のポイントがあります。   そのポイントを押すなり引くなりして鍵を抜き取ります。 まずはそのカギを使ってドアロックを解錠します。 この時、ワイヤレスでロックされた車両を鍵やその他の方法で解錠すると、盗難防止の警告が発動します。 純正のキーであろうと、盗難でなかろうと、鍵を使って解錠した時点で発動します! そして警告から少しの時間で警報音がなります。早朝、夜分だと迷惑この上ないほどかなりうるさいです。 警報音が鳴るのを阻止する方法は、警報音が鳴りだす前にエンジンを掛けるしかありません。 が、ほとんどの人がそうとも思わずのんびり動くので、警報音がビービーなってびっくりします。 そして慌ててエンジンを掛けようとするけど、エンジンが掛からず更に焦ります。 なんでエンジンが掛からないのか。 それは納車時に聞いたであろう対処方法をすっかり忘れてしまっているからというのがほとんどです。 ではなぜ忘れるのか。 そりゃそうでしょう。 電池切れを起こさない限りはやらないわけですから、誰でも忘れて当然と言えば当然ですよ。   とりあえず話を進めましょう。 ドアを開けたら速やかに車に乗り込み鍵を奥まで差し込みます。 キーリングが邪魔で奥まで入らないお客様もいたので、その辺も注意して下さいね。   奥まで差し込んだらこんな感じです。 そしたらグルッといつものツマミを回してエンジンスタート! と、これでエンジンが掛かる車もあるのですが、そうでない車もあります。 そう、このエンジンが掛からないパターンのキーシステム車で思考停止してしまうお客様が多くいらっしゃいます。 厄介なのが、見た目が同じ鍵なのに掛かる車と掛からない車とある所です。   キーが回らない場合は、ドアが開いてる状態でキーを差し込んだ時にピーピーと音がしているか。 鍵穴が鍵を認識していれば、キーの抜きい忘れ防止ブザーがピーピーなるはずです。 なっているなら次はスマートキーのメーカーロゴの部分をこれでもかと言うくらいに鍵穴に近づけてください。   こんな感じで。 このままの状態で、ツマミを回すとあら不思議、セルが回ってエンジンが始動します       電池切れを起こしてエマージェンシーキー(メカニカルキー)でエンジン始動しない時には試してみてください。  …

20180930
2018年09月30日

自動車の適切な保守管理の促進と自動車関係諸税の早急な見直しを要望

みなさんこんにちは。   日頃よりのご利用、誠にありがとうございます。   早いもので今日で9月も終わりですね。   オーナーズショップツカモトは今年も沢山のお客様からのご利用のおかげがあって元気に営業させて頂いております。   これからもお客様の役に立てるんじゃないかなと思う事を実行していきたいと考えています。   さて、個人的な話題から一転して大きな話題を。   今回のタイトル「自動車の適切な保守管理の促進と自動車関係諸税の早急な見直しを要望」についてご紹介します。   これは、当店も加盟している自動車整備振興会の中の政治連盟対策専門部会がとりまとめ、公明党主催の政策要望懇談会にて要望書として提出された内容です。   このタイトルだけ聞いてもピンとこないかもしれませんが、簡単にお伝えすると   1.国交省が現在取り組んでいる点検整備の促進や未認証工場対策などの施策を安全な車社会の維持のためにも引き続きお願いしますね。   2.自動車を保有する国民にとって大きな負担となっている車関係の税金の見直しをお願いしますね。   と言う感じです。   ということで、自動車整備業界だけでなく自動車ユーザーにとっても非常に関係深い要望となっています。   点検促進や未認証工場対策は、安全上危険な車が街中を走ることの抑止につながりますので整備不良が原因による事故(人身・物損)も減りますし、車関係の税負担の見直しは皆さんの日常生活におけるゆとりにもつながります。   このような大きなテーマは一店舗や一企業で訴えても中々実現にはおよびません。   なので、自動車整備振興会という大きな組織で業界の意見をとりまとめ、要望書として提出しているというわけです。   今回の要望が通り、安全の維持や諸税の軽減が実現する事を節に願います。   もし、皆さんの中にもっとこんな風にならないの?とかここのところは見直して欲しいなというこがあればFASマークのお店の人に伝えてみてはいかがでしょうか?   一人の小さな声が多数の大きな声に変わった時、それが要望書に取り入れられてくるかもしれませんよ。   当店もそんなお客様の声に耳を傾けながらより良いお店作りや安全な車社会の実現に向け励んでいきます。     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2018年04月16日

タイヤの点検してますか?タイヤの整備不良は19.6%!

みなさんこんにちは。   今日は日整連ニュース4月号に掲載されていた「2017年タイヤ点検結果の報告」をご紹介します。   こちらのタイヤ点検は日本自動車タイヤ協会が、警察・運輸支局・高速道路株式会社・自動車及びタイヤ関連団体と協力して2017年1月~12月にかけて行ったものです。   結論からお伝えすると、今回の点検結果として19.6%にタイヤの整備不良が発見されたそうです。   この数字を高いとみるか低いとみるかは人それぞれかもしれませんが、タイヤは車と路面との唯一の接点であり走行に直結する大切なものです。   それ故にタイヤのトラブルは走行不能に陥ったり、走行中のパンクなどはハンドルをとられ事故につながるなど他人にも迷惑をかける可能性が多いに潜んでいます。   そう考えると、街中を普通に走っている車の2割がタイヤに何かしらの整備不良を抱えているというのはちょっと怖い気がしませんか?   ただここで少しだけご安心頂ける情報が。   それはタイヤの整備不良の内容です。   まずはどんな整備不良が挙げられているかですが、その項目は「タイヤの溝不足」「偏摩耗」「外傷」「釘・異物踏み」「空気圧不適切」「その他」の6項目で点検されています。   そしてこの中で圧倒的に多かった不良個所が「空気圧不適切」(19.6%中14.6%)なのです。(不適切とは、空気の不足や過多を指します)   なので走行に極端に危険な車があちこちで走っているわけではないんです。   ですが、空気圧不適切を侮らないでくださいね。   この空気圧不適切というのは、タイヤの偏摩耗につながっていますし、特に不足に関しては「空気圧不足=タイヤを意識していない」ということなので、タイヤの外傷や溝の不足にも気づかないで乗っている人も多いんです。   またタイヤの空気圧不足は燃費の悪化にもつながりますし、タイヤの寿命も縮めてしまうので良い事はありません。   ではどんな管理をすれば良いのかですが、実に簡単な事で月に一回の空気圧チェック(適正への調整)です。   馴染みの車屋さんで見てもらうのが一番いいのですが、そこまで行くのが面倒ならガソリンスタンドなどでも無料で空気圧チェックしてくれますよ。   たったこれだけの事で、トラブルの防止や早期発見、燃費の向上、タイヤの長寿命化につながりますよ。   気候も良いドライブシーズンですが、楽しい思い出だけを持って帰るためにもお出かけ前にはタイヤ点検をお勧めします!     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

$logo_alt
2018年04月02日

4月がスタートしました

早いもので4月がスタートしましたね。   先月はバタバタと過ごしていた事もありブログ更新がすっかり疎かになっていました。   反省の言葉しか出てきません。。。   すでに2度目の成人式も終えた私ですがまだまだ新社会人や新入生に負けたくなので、気を取り直して仕事もブログ更新も両立できるようにがんばります!   さて、今年は桜の開花が早くて桜の見ごろもそろそろ終わりそうですね。   私はまだお花見していません。   朝晩の通勤と仕事の移動中に横目で見る程度です。   明日の夜はお花見という名目の集まりがありますが、室内ですからあくまで名目だけでしょう(笑)   たまにはゆっくりと日本の四季を堪能したいものです。   何はともあれ花見の他、気候も良いこの時期は絶好のドライブシーズンでもあります!   当店ではお出掛け前のお車の軽い点検もやっておりますのでお気軽にご利用ください。         オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

お問い合わせはこちらから

営業時間:9:00〜18:00
定休日:第1・3・5の日曜日および祝日