修理事例

2017年07月11日

《修理事例》走行できなくなった!ということで

みなさんこんにちは。   今回は、突然走行できなくなった!どうにかして!と言うご連絡をいただきお預かりした事例をご紹介します。   お客様のお車はタント(L375S) お話を聞くと、直前までは普通に走行していたらしいのですが、突然の異音と共にアクセルを踏んでも何とかトロトロ進む程度でまともに走れなくなってしまったとのこと。 エンジンは掛かるけど音が変な感じ。前後ともまともに走れない。そんな状態のため、当店まで持ち込みも無理。   そりゃお客様は焦ります。 しかし当店には積載車があるのでご安心ください!さっそく代車を積んで現場に出動。   あれが原因だといいけどと軽傷のパターンを思いつつ、重症でないといいけどなぁとも思いつつ。   工場に持ち帰ってさっそく点検開始     そして今回の原因はスパークプラグであることが判明。 軽傷で済みお客様もホッとされました。   プラグというと、以前は1本数百円で買えましたが、現在は種類も増え1本2000円程度するものも。   イリジウムプラグなどの高価なタイプは、交換タイミングが10万キロ走行使用を目安と長寿命をうたっているのですが、使用条件によりそこまでは使えません。 自動車メーカーの新車保証でも3年6万キロとなっています。 今回のお客様の車両もイリジウムプラグでしたが75000キロほどで今回のような事態に陥りました。   なので車検でのお預かりの際などは予防整備も含めて交換部品をご案内しています。 ですが車検の合否だけで見ると変える必要はなかったりもしますので、予防整備として交換されるか否かはお客様の判断に従う必要があります。 (今回のお客様の車検は当店ではありませんでしたので悪しからず)   修理や車検などを安く済ませたい気持ちは私も同様ですが、トータル的に考えた上でのアドバイスやご提案に耳を傾けていただけると幸いです。   ちなみにプラグを馬鹿にできない修理事例はコチラでもご紹介しています。   オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年07月09日

《修理事例》異常なエアコンの温度差に困惑した結果

みなさんこんにちは。   すでにエアコンなしではいられない季節となりました。 ということで、今日は摩訶不思議なエアコン修理のお話です。   今回の不調の状態は、運転席側の吹き出し口から出る風の温度と、助手席側から出る風の温度が違うという摩訶不思議な現象です。 ある程度高級車になると、左右の温度調整が独立していますが、この車は16年式のマーチ。 しかもマニュアルエアコンです。 なのでそんなご立派な機能はついていません。   さて、基本的に温風と冷風は同じ通路を通ってきます。 その通路の元はBOXになってて、発生した温風ないし冷風はそのボックス内の仕切り板が動かされることで、温風と冷風が切り替わったり、出てくる風の位置が変わったりしています。 なので、どこからも温風が出ないや冷風が出ない、もしくは冷えが悪いということはあっても、左右で過度な温度差があることは通常では考えにくいんです。 さすがにかな~り悩みました( ̄~ ̄;) 何店かのディーラーに聞いてもそんな症状を修理したことはないって言われるし、中にはうちでは分かりませんってあっさり言われるし・・・ いろんな可能性を考えつつも、とりあえずダッシュボード回りをバラしながらどこで温風と冷風に別れているか確認することに。   エアコンユニットを剥きだしにして、ダイレクトに吹き出し口に手をかざしてもやっぱり症状かわらず(汗) てことは中の仕切り板に問題があるのか?とユニットも取り外しました     けっして無駄に外しているわけではないんですが、結果こんな状態に(^へ^;) 結局、室内全バラシ・・・そしてユニット自体もバラバラに・・・ そこまでやっても明らかな異常は見当たらず   そこからは色々試しながら組み付けたり外したりと更に悪戦苦闘。。。 怪しい部品を変えてみても効果なし(T_T) 落胆していても解決しないので、再度点検を試みたところ怪しい反応を確認。 でもこれは今回の症状の原因とは別でしょ?と疑念を持ちつつも部品を替えてみたところ 症状改善!(≧∀≦) これで何とか今回のエアコン修理に幕を下ろすことができました。   エアコンのトラブル解決も当店にお任せください。 メールでのお問い合わせはコチラからどうぞ       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年06月21日

《修理事例》エアコンの風が弱くなったと感じたら

みなさんこんにちは。   今回は雨にも負けず、暑さにも負けず、日々頑張るエアコンのお話です。   この季節の定番です。   何かと修理代が高くなるエアコン関係のトラブルなんですが、このトラブルはもっとも費用が掛からないパターンでしょう。   車はハイゼットトラックだったのですが、冷たい風は出るんだけれども風量が弱いとのご相談。   ということで、早速怪しい個所を確認して見ると     案の定、空気の導入通路に取り付けられているフィルターが目詰まりしていました。   ほとんど風を通すところがありません。   そりゃ風が通らないなら風量も少ないですわな。。。   お掃除したらご覧の通り     向こう側が良く見えるようになりました。   これで通常通りに風量も戻りましたよ。   これから続く暑い季節も快適にお過ごしいただけそうです。   今回は軽トラックだったので写真のようなフィルターのため掃除が出来ました。   乗用車の場合は違うタイプなので、掃除ではなく交換となります。   お車のお悩み、調子不良などございましたらお気軽にご相談くださいね。       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

20170608-03
2017年06月08日

《修理事例》ルームランプ球の交換

みなさんこんにちは。   今回紹介のご依頼は修理というわけではないので作業事例といった感じですがご紹介します。   最近は各所のライトにLEDが使われていますが、ルームランプなどはまだそのままの車も多いです。   ということで、今回はもっと明るく照らすようにしたいとのご要望で、ルームランプ球をLED球に交換させていただきました。 ちなみに交換前のノーマルがこんな感じです。       これはこれで、目に優しい感じなんですが、明るさという点ではちょっと物足りない。   カバーをはずすと中身はこんな     お馴染みのハロゲン球が真中にブスっと刺さっているだけです。     この球をLED球に差し替えてあげればOK     先ほどとは見違えるほどの白さと明るさに変わりました。 明るさに関しては昼間の撮影なので分かりにくいですが、暗くなった時のその差は歴然です。   LED球には色々なタイプがあるので、取り付け場所や用途に合わせた物を選ばないとせっかくの買い物が無駄になってしまうのでご注意ください。 また、自分で交換されていてヒューズを飛ばしてしまうというトラブルに見舞われるお客様も少なくありません。   LEDに変えたいけど、どれが合うのか分からない。どんなタイプにしたらいいのかわからない。付け替え方法がわからない。など自信が無い方は当店にご依頼ください。   梅雨時期は気分もジメジメしがちですが、気持ちもライトも明るくいきましょう。       オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

2017年05月27日

《修理事例》タイヤの内減り

みなさんこんにちは。   今日も天気に恵まれた一日でした。 明日の天気も良さそうです。 荒尾市にお住まいのお客様の話では、明日はお孫さんの通う小学校の運動会だそうで、場所取りも一筋縄ではいかないと大変そうでした。 私には何もできませんが、ぜひベストプレイスが確保できるよう祈っています。   さて、今週末もそんな行事でのお出掛けや家族や友達とドライブを楽しく終えていただきたいので、出先でのトラブルに見舞われないようにお出掛け前の車のチェックをお勧めいたします。   ということで、前回の修理事例に引き続きタイヤネタで一つご紹介。   本来であれば、タイヤは地面との接地面がほぼ均一に摩耗していくものですが、タイヤ空気圧の管理状態や足回りの状態が悪いと偏った摩耗をしてしまいます。 また、ワゴン車など背が高い車になると横揺れ時にタイヤの外側に負担が大きくなるので外側の摩耗が激しいなど構造上の特性もあります。 なので、そんなワゴン車でもほぼ均一な摩耗になるように外側が強いワゴン(RV)用のタイヤも販売されています。   では早速タイヤをチェック! あっ。。。 残念なほど偏った減り方をしています。     しかもこのタイヤは先ほど話したワゴン車に有りがちの外減りではなく内減り。 外側はまだ大丈夫って感じなのですが、内側になるにつれて酷い状態で最内はワイヤーが出る寸前といった感じでした。 こうなるといつタイヤが破裂(バースト)してもおかしくはありません。遠出する前に気づいて良かったです。   今回の場合だと足回りに異常を抱えている可能性もありますが、それはまた別のお話でご紹介します。 今回お伝えしたかったのは、お客様がご自身でできる簡単な確認点検としてタイヤの内側のチェックもお忘れなくということです。   タイヤが直進状態だと外側は簡単に目につくので気づきやすいのですが、内側は見落としがちです。 フロントタイヤであれば、ハンドルを左右どちらかに切った状態にしてあげると普段は見えないタイヤの内側も良く見えます。 リアタイヤであればリアバンパー側からタイヤを覗きこんで確認してみてください。   それでは楽しい週末をお過ごしください。   当店は、第2・4日曜日は営業しております。ということで明日の日曜日は元気に営業しております!     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB