修理事例

2016年10月06日

≪修理事例≫エンジンルームから漂う冷却水の匂い

匂いにも色々とありますが、今回の修理事例はラジエターです。   ラジエターは熱くなったエンジンを冷やすため、日夜頑張ってくれている車にはなくてはならないものです。   エンジンを冷やすために冷却水(クーラント)がエンジン内部をグルグルまわってるんですが、その熱くなった冷却水を冷ますのがラジエターのお仕事です。     これが単体のラジエターです。   実は別件で来店されたお客様の水漏れに気づいて、急遽そのままお預かりとなりました。   全然気づいてなかったとお客様も唖然とされていましたが、初期の状態であれば乗ってるだけでは気づかなくても仕方ないと思います。   で、冒頭に書いた匂いというのは、冷却水(クーラント)が漏れると熱くなったラジエターやエンジンの熱で焼かれて漂う独特の匂いがあるんです。   何か変な匂いがするなと思った時は点検をお勧めします!   修理方法は、損傷した個所を修理するか、中古品と交換するか、新品と交換するかと選択肢があります。   当店では、それぞれの価格やお車の状態を加味しての修理方法をご提案しています。   今回はオーバーヒートする前に気づいて良かったです。   オーバーヒートしてから気づいたのではエンジンまでダメージがいっていたかもしれません。   いつ症状が出るのかわからないのが機械の難しいところです。   やはり日常点検も気がけることをお勧めします。     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから http://bit.ly/29IwjPB

$logo_alt
2016年10月05日

≪修理事例≫ブレーキからのキーって鳴る音

皆さんこんにちは。台風の被害はありませんでしたか?   風雨も酷くならなかったのでホッとしたところです。   さて、今回からボチボチ修理事例をご紹介していきたいと思います。   まずは耳障りなブレーキからの異音についてです。   お客さまからの依頼の時には、キーっと音が出るとか、ゴォーっと音が出ると言われるケースが多いようです。   ずいぶんと擬音が違いますが、それは原因が違うからなんです。   で、今回はキーって音がするとご入庫いただいた車両のケースです。   とりあえず動かして、音の出所を確認。   確かにフロントブレーキ付近から出ている様子。   リフトアップしてタイヤを外してブレーキパッドを確認。   某所にてブレーキパッドの交換をされたとのことでしたのでパッドの残りは新品同様十分にあるようです。   でもパッドの残量の割にブレーキダスト(ブレーキのカス)で随分と汚れていました。 (本当にパッド交換だけで終わりという整備だったようです)   こういう汚れの付着も音の原因になる可能性があるので、当店ではパッド交換時にはダストの除去もして綺麗にしています。   とりあえず掃除かなってことで部品をバラシたら、おや?パッドと一緒につける部品がついてないようですが・・・   本来あるべきものがない(汗)   原因はこれか?いらなそうな部品だけど、ないと音が出たりするんですよねぇ   ブレーキパッド交換の時に付け忘れたんでしょうねぇ。。。   お客様にご説明して部品の発注となりました。   ブレーキダストの掃除もなし、部品の付け忘れもあり、ブレーキパッドの交換作業くらいならどこでやっても一緒と思ってたらちょっと違いますね。   当店では、皆様に安心して車に乗っていただけるよう確実な整備を心がけています。     オーナーズショップツカモト 住所 〒836-0004 福岡県大牟田市大字手鎌355-2 TEL 0944-57-0128 営業時間 9:00〜18:00 定休日 第1・3・5の日曜日および祝日 アクセス 西鉄銀水駅より徒歩3分 当店Facebookはこちらから…